パスタ

パスタは、イタリアを代表する食料品として親しまれており、スパゲッティに代表される麺状のロングパスタと、マカロニに代表される小型のショートパスタという2種類に分類されます。

イタリアでは、小麦粉を原料とした食料品として紀元前から食べられていたとされています。そして1200年頃には、現在と同じように茹でて食べる形も定着していった事が明らかになっています。フォークは、後にパスタを上手に食べる為に考案されたと言われています。